KINO ARCHITECTS / キノアーキテクト

大空と大地のなーさりぃ 下井草駅前園Ozora to Daichi no Nursery Shimoigusa

高密度な住宅街にある3階建ての保育園。交通量の多い早稲田通りと住宅街を抜ける裏通りの2つの通りに挟まれた、変形したくさび形の土地が敷地です。この条件下で、いかに子どもたちに心地よい居場所をつくりだすか、近隣住民が子どもの存在をポジティブに捉えられる程よい距離感をつくりだすか。この2点が計画の要であり、これらを実現するために「街と空に開かれたホワイエ」を計画しました。
くさび形の土地を横断する吹き抜けのホワイ工は、子どもたちが主に過こす保育室と周辺道路との間に挟まれ、街と保育園の緩衝帯の役割を担います。また、ホワイ工の両端にテラスと階段を設けることで、子どもたちの往来が可視化され、子どもたちの存在が街に表出しました。法的な斜線を交わしながら空に開かれたホワイ工は、採光や通風を確保しにくい高密度な都市環境においても、光と風を呼び込むことができるのです。
限られた面積では平面的な広さは期待できません。しかし、敷地の形状を活かした屈曲したプランのホワイエによって、動きと共に奥行きが変化し、実際の広さ以上の拡がりを感じられます。同時に、行き止まりのない立体的に回遊できる動線は、子どもの動き回りたい衝動を受け止めてくれます。
子どもたちは自然のなかで育つべきであるという理念のもとに名付けられた園名、「大空と大地のなーさりぃ」。高密度な都心での立地条件を乗り越えつつ、街中ならではの建ち方とともに、その理念を現実のものにすることを目指しました。
The location is between traffic-laden street and residential alley, and is wedge-shaped land. A densely populated city, but a quiet area. The state that children can stay at ease, also the nursery school is taken favorably from the neighborhood, is most suitable. In urban environment sometimes it is difficult to make such the natural state. When we designed this nursery school we aimed to find the most suitable state.
The enlargement of the nursery school is considered to be urgent business in Tokyo. However, it is often objected with the noise of nursery school by neighborhood.
Then we put the void foyer that crosses from end to end of the building. The foyer becomes the buffer and makes a suitable distance with neighborhood and childcare room. It can also be used as large and opened play space where children can release their energy. Children look up the sky from the foyer and find sun light change every moment.
所在地
東京都杉並区
用途
保育園
構造
鉄骨造
規模
地上3階
敷地面積
418.31㎡
建築面積
293.58㎡
延床面積
643.92㎡
竣工
2017.3
施工
千広建設
写真
中村絵、新建築
location
Tokyo, Japan
principal use
nursery
structure
steel
scale of building
3 stories
site area
418.31㎡
building area
293.58㎡
total floor area
643.92㎡
completion
March,2017
photo
Kai Nakamura, Shinkenchiku
WORKS一覧に戻る