KINO ARCHITECTS / キノアーキテクト

JP / EN

南山保育園

more

中国・深圳のオフィス街のビル内に計画した保育園。湾曲したガラスカーテンウォールのオフィスビルの1・2階にあります。建物の周りには緑が繁り、テラスもあります。都市部にあるため、大きな園庭や空間を持てませんが、この建物のポテンシャルを活かして、明るく開放的で緑豊かな保育園を実現したいと考えました。

一般的な保育園は正方形の部屋が廊下に並ぶプランですが、このプロジェクトでは、すべての部屋が円弧状の壁で構成されています。玄関を入ると、楕円形の多機能ホールが出迎えてくれます。この円弧の外側には、湾曲した壁に沿って廊下が形成されています。まっすぐな視線の抜けはなく、廊下の中で徐々に自分の居場所を確認するようになります。子どもたちには、森の中を探検しているときのようなワクワク感を与えます。
各年齢の部屋は、異なる楕円から交差する1本の曲線で形作られており、それぞれがユニークな小さな世界を構成しています。また、周囲の緑に向かって大きな開口部を設け、自然光を最大限に取り入れています。大人にとって機能的な部屋は、子供にとっては退屈なものです。子供がワクワクするような角のない保育園空間であると同時に、大人にとっても充実した便利な機能を持つ施設を目指しました。

所在地
深圳, 中国
用途
保育園
延床面積
655㎡
竣工
2020.1