KINO ARCHITECTS / キノアーキテクト

JP / EN

南京オフィス街区

more

新都心の計画が進行中の南京市郊外。オフィスビルコンプレックス建設に際して行われた国際設計プロポーザルに、岸和郎+ケイ・アソシエイツ、長田直之(ICU)、畑友洋建築設計事務所、キノアーキテクツの設計共同企業体として参加し、最優秀に選ばれました。オフィスと集合住宅の床面積を合計すると約30万㎡ものスケールであるため、タワー型の形式が一般的ですが、本計画では主要な街路に面して都市的な公共空間を提供するために、中庭をもつ中層ビルが連続するというヨーロッパ的な構成を提案しました。

共同設計
岸和郎+ケイ・アソシエイツ、長田直之(ICU)、畑友洋建築設計事務所、上海UDG
所在地
中国南京市
用途
オフィス、集合住宅
延床面積
236,931㎡
提案日
2019
結果
第1位