KINO ARCHITECTS / キノアーキテクト

JP / EN

福岡市合葬墓

more

近年の少子高齢化や死生観の変化などにより新たな形態の墓地を求めるニーズが高まっていることを受け、福岡市は平尾霊園に「合葬墓」を整備します。2019年、福岡市の建築設計プロポーザルにおいて、キノアーキテクツが一等に選ばれました。合葬墓とは多くのひとが眠る墓地のことで、近年、日本国内で見受けられるようになりました。
敷地は、元々山を切り崩してつくられた霊園のなかで、元の山をわずかに残し、その山の裾野に公園を整備しています。

かつて平尾霊園を造成するために削られた山々。その緑を修復するように山裾をのばし,山裾の下に埋蔵室を埋める計画を提案しました。故人は山々に抱かれながら眠り、山裾に設けられた献花台と献花台を囲む円弧状の壁の内側は、故人を偲ぶための非日常の場になります。
円弧状の壁の外側には,地域の住民が日常的に利用する公園広場があり樹々が生い茂っています。その広場から見えるのは山の緑のみで献花台は映りません。故人は山に抱かれて眠り、残された人は山を前に故人を想い、故人に見守られながら山の広場で過ごすことになります。
公共の合葬墓として、特定の宗教をイメージさせることなくすべての人が故人に思いをはせることができるお墓をつくりたいと考えています。

所在地
福岡県福岡市
用途
合葬墓、参拝所、公園、管理施設
構造
RC造
敷地面積
5700㎡
延床面積
合葬墓棟:336.75 ㎡、献花所:36.18 ㎡、休憩所:86.38 ㎡、 管理事務所:101.91 ㎡、参拝所:398.55 ㎡、広場通路:359.55 ㎡
竣工
2021年予定